ニュース

【エリザベス女王杯】(京都11R)~モズカッチャンが待望のG?初V



京都11Rのエリザベス女王杯(3歳以上GI・牝馬・芝2200m)は5番人気モズカッチャン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒3(良)。クビ差の2着に9番人気クロコスミア、さらにアタマ差の3着に3番人気ミッキークイーンが入った。

モズカッチャンは栗東・鮫島一歩厩舎の3歳牝馬で、父ハービンジャー、母サイトディーラー(母の父キングカメハメハ)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着モズカッチャン(M.デムーロ騎手)
「とても嬉しいです。レース前の感じで状態が良いのは分かっていました。いつも一生懸命走る馬で前回も良く頑張りましたが悔しい負けでした。今日もいい競馬をしてくれて前をいくクロコスミアを交わしてくれて嬉しかったです。今日は秋華賞のリベンジが出来ました」

2着クロコスミア(和田竜二騎手)
「よく頑張ってくれました。2番手の競馬になって力んで走っていましたが、途中から楽な感じになりました。流れとしてはいい感じでしたし最期も止まってはいません。ここに来て力をつけています」

3着ミッキークイーン(浜中俊騎手)
「いつも通り一生懸命走ってくれて最後もこの馬らしい脚を使ってくれました。それだけに勝ちたかったレースです。悔しいです。馬は本当によく頑張ってくれました」

4着マキシマムドパリ(藤岡佑介騎手)
「スタートが決まれば良い位置でレースをするつもりでした。流れも早くなく後ろの馬も来ていなかったので前の手応えの良い馬を交わせればという感じでした。クロコスミアを交わせればと思っていたのですが......」

5着ヴィブロス(C.ルメール騎手)
「いいスタートが切れていいポジションでレースが出来ました。ただ道中はうまくリラックス出来ませんでした。4コーナーではモズカッチャンの後ろにいたのですが最後は馬が疲れてしまっていました」

6着スマートレイアー(川田将雅騎手)
「ヴィブロスの真後ろのいい位置でレースが出来ましたし、直線でもこの馬なりに伸びています。ただもっといい競馬が出来る馬だと思うだけにそういう競馬が出来なかったのは申し訳ないです」

8着リスグラシュー(福永祐一騎手)
「スタートをうまく出ることができませんでした。今日のような流れになるのは分かっていましたから、スタート次第で前の位置でレースをすることも考えていました。最後は上位と差のないところまできているだけにスタートが全てでした」

9着ルージュバック(R.ムーア騎手)
「スタートが速くなくていい位置を取れませんでした。外枠でしたしペースも速くならず今日は全てがかみ合わないレースでした」

12着ディアドラ(岩田康誠騎手)
「スタートから全然前へ進んで行きませんでした。なぜなのか分かりません」


ソース元:ラジオNIKKEI

バックナンバーへ

高額的中ランキング

  1. 1位プレミアム
    1月21日 中京7R 3歳未勝利
    199万6800円的中
  2. 2位エアホース
    1月20日 京都2R 3歳未勝利
    121万3240円的中
  3. 3位馬生
    1月20日 中京8R 4歳上500万下
    69万8400円的中

ランキングをチェック

WIN5

競馬chモバイル

QRコード
新聞、オッズカードはもういらない

http://keiba.cc/

過去のレース結果

2018年01月
前の月
次の月
1 2 3 4 5 6
  • 中
  • 京
7
  • 中
  • 京
8
  • 中
  • 京
9 10 11 12 13
  • 中
  • 京
  • 名
14
  • 中
  • 京
  • 名
15 16 17 18 19 20
  • 中
  • 京
  • 名
21
  • 中
  • 京
  • 名
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ページTOP