ニュース

【フェブラリーS】栗東レポート~ゴールドドリーム



2月18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に登録しているゴールドドリーム(牡5、栗東・平田修厩舎)について、平田修調教師のコメントは以下の通り。

(前走のチャンピオンズC1着を振り返って)
「ゲートであるとか、距離的なことなど、いろいろと課題のある馬なのですが、そういうことを克服してくれました。GIを勝ったということももちろん大きなことですが、それ以上に収穫の多い競馬だったと思います」

(前走後の調整について)
「チャンピオンズCを勝った時点で、次はフェブラリーSというのは決まっていました。一旦ノーザンファームしがらきへ放牧に出しましたが、緩めることなく乗っていたので、良い状態をキープしています」

(調教の内容を振り返って)
「藤懸騎手が乗れば時計が出るのは分かっていました。そんなに速くは見えなかったのですが、やはり能力のある馬は速いなというのは再認識しました。
 去年も状態は良かったのですが、チャンピオンズCで惨敗してのフェブラリーSだったので、半信半疑なところもありました。今回はチャンピオンズCを勝ってのフェブラリーSなので、状態さえ維持できればという思いはあります」

(今回のレースに向けて)
「よく言われるのが、だいたいスタートで出遅れることなのですが、府中のマイルは芝スタートなので、府中で競馬をした時はそんなに出遅れはしないというのは一つあります。跳びが大きい馬なので、広くて直線の長い府中というのはやはりあの馬には合っているなと思います。
 考えられる中で最高の乗り役を依頼できています。ここまでは順調に来ましたが、あとは当日の入れ込みとスタートになってくると思います。
 (ムーア騎手とは前走が)初めてだったので、競馬の日のお昼頃に一回話をさせてもらいました。"この馬はこういう感じなので、こういうふうに乗ってほしい"と伝えましたが、その通りのことを向こうも考えてくれていたようでした。GIだったので当たり前ですが、あの馬のことをだいぶ研究してくれたみたいなので、これなら細かいことは言わなくても大丈夫だなと思って、送り出しました。
 (前走は)成長している部分があったと思います。春の時点で厩舎にいる時は520キロ台でしたが、秋は540キロ台になっていました。盛岡まで遠征していたので、最高体重だったことに関してはあまり何も不安はなかったです。
 チャンピオンズC以降ここまで順調に来ましたし、先週、今週と良い動きをしてくれました。やれることはだいたいやってこられたと思っているので、あとは静かに最後の調整をしたいと思っています。結果はどうなるか分かりませんが、ゴールドドリームの力を皆さんにお見せできればと思っています」

(取材:米田元気)


ソース元:ラジオNIKKEI

バックナンバーへ

高額的中ランキング

  1. 1位エアホース
    10月14日 新潟7R 3歳上500万下
    264万1000円的中
  2. 2位馬生
    10月14日 新潟1R 2歳未勝利
    218万5100円的中
  3. 3位競馬報道.com
    10月14日 新潟1R 2歳未勝利
    218万5100円的中

ランキングをチェック

WIN5

競馬chモバイル

QRコード
新聞、オッズカードはもういらない

http://keiba.cc/

過去のレース結果

2018年10月
前の月
次の月
1 2
  • 阪
3 4 5 6
  • 東
  • 京
7
  • 東
  • 京
8
  • 東
  • 京
9 10 11 12 13
  • 東
  • 京
  • 新
14
  • 東
  • 京
  • 新
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ページTOP