ニュース

【フィリーズレビュー】(阪神)~リバティハイツが混戦制す



阪神11Rの第52回フィリーズレビュー(GII、3歳牝馬、芝1400m)は8番人気リバティハイツ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5(良)。1/2馬身差2着に2番人気アンコールプリュ、さらにクビ差で3着に5番人気デルニエオールが入り、上記3頭が桜花賞の優先出走権を獲得した。

リバティハイツは栗東・高野友和厩舎の3歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ドバウィハイツ(母の父Dubawi)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 リバティハイツ(北村友騎手)
「いい脚でした。未勝利を勝って、抽選を突破して、(今日は)何とか桜花賞の権利が取れればいいと思っていました。馬が未勝利を勝った時よりも成長してくれて、思っていたよりも強い内容でした。未勝利を勝った時は乗りやすいイメージでしたが、良い意味で今日は前進気勢がありました。素直なところがいいですね」

2着 アンコールプリュ(藤岡康騎手)
「悪いタイミングでスタートが切られ、また、空馬に絡まれてポジションを悪くしてしまいました。それでもじっくり構えるレースに切り替えたらいい脚を使ってくれました。よく伸びていただけにもっと前でレースをしたかったです」

3着 デルニエオール(岩田騎手)
「スムースにレースが出来ました。直線では伸びるかと思いましたが...。(前に)行ったからでしょうか。自然とあの位置ではあったのですが...」

4着 アンヴァル(藤岡佑騎手)
「初めて揉まれる競馬になって、外に気をつけながらレースをしていました。それもあってじっくり構えるレースをしましたが、ハミを取ってからはいい脚を使ってくれました。今日は収穫のあるいい競馬が出来たと思います」

5着 ギンコイエレジー(古川騎手)
「未勝利を勝ったばかりですが、上手にレースをしてくれました。惜しかったです。外枠の分もあったでしょうか」

7着 レッドシャーロット(横山典騎手)
「(空馬に)絡まれなくて良かったです。頑張ってくれました。(最後は)来ましたね」

15着 コーディエライト(和田騎手)
「躓いてしまい、全然ハミを取っていませんでしたし、行きっぷりも良くありませんでした。ゲート裏ではいい雰囲気で、落ち着いてもいたのですが...」

17着 スウォナーレ(大山真吾騎手)
「一度芝を経験して今日の感じは良かったです。力をつけて、また地元で頑張ってもらいたいです。また機会があれば来たいです。本当にいい経験になったと思います」


ソース元:ラジオNIKKEI

バックナンバーへ

高額的中ランキング

  1. 1位馬生
    9月16日 中山5R 2歳新馬
    558万8300円的中
  2. 2位競馬報道.com
    9月15日 中山7R 3歳未勝利
    477万3000円的中
  3. 3位エアホース
    9月15日 阪神2R 2歳未勝利
    303万2200円的中

ランキングをチェック

WIN5

競馬chモバイル

QRコード
新聞、オッズカードはもういらない

http://keiba.cc/

過去のレース結果

2018年09月
前の月
次の月
1
  • 新
  • 札
  • 小
2
  • 新
  • 札
  • 小
3 4 5 6 7 8
  • 中
  • 阪
9
  • 中
  • 阪
10 11 12 13 14 15
  • 中
  • 阪
16
  • 中
  • 阪
17
  • 中
  • 阪
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ページTOP