ニュース

【ダイオライト記念】(船橋)~ケイティブレイブが人気に応える



 船橋競馬場(天候:晴 馬場:やや重)で行われたダートグレード競走、第63回ダイオライト記念(第11競走・JpnII・4歳以上オープン・ダート2400m・1着賞金3200万円)は9頭が出走した。

 好スタートを切った3番人気マイネルバサラが先手を取ろうとしたが、内から1番人気ケイティブレイブがすぐさま交わしてハナに立ち、この2頭から離れた3番手が2番人気アポロケンタッキーとなり、さらに離れた4番手が大井のウマノジョーとなった。
 2周目に入り、向正面でアポロケンタッキーが差を詰めて3頭が並んで一気にペースが上がり、3コーナーでマイネルバサラが遅れ始めた。最後の直線では追いすがるアポロケンタッキーをケイティブレイブが振り切り、1馬身半の差をつけて優勝した。勝利騎手は福永祐一、勝ちタイムは2分34秒8。
 アポロケンタッキーから2馬身差でマイネルバサラが3着となり、そこから大差でウマノジョーが4着。JRA所属馬3頭が人気どおりに上位を占めた。

 ケイティブレイブは父アドマイヤマックス、母ケイティローレル(その父サクラローレル)という血統の牡5歳栗毛馬。通算成績は28戦9勝(地方競馬では13戦7勝)となり、今年1月の川崎記念(川崎)に続き重賞7勝目。2月末で引退した目野哲也調教師から杉山晴紀調教師の厩舎に転厩して初めての出走だった。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ケイティブレイブ
 福永祐一騎手
「1600メートルの後でムキにならないか心配しましたが、遅くないペースの中、いい集中力を保って走っていました。アポロケンタッキーがいい勢いで来て、馬が3コーナーで慌てましたが、よく凌いでくれました」
 杉山晴紀調教師
「プレッシャーを感じていましたが、頑張ってくれました。馬にストレスを与えない事が何よりと考えていましたので、目野厩舎での話を聞いて、うまくスライドできるようにやってきました。レースはつつかれるような形で心配しましたが、余力十分でしたし、競られた時に反応したのを見て、大丈夫だと思いました。この後、帝王賞に向かうことになると思います。間に一戦挟むかどうかなど、オーナーと相談して、馬の状態次第で決めることになると思います」

2着 アポロケンタッキー 内田博幸騎手
「馬の状態は良かったです。向正面から相手にプレッシャーをかけて行きましたが、勝った馬が強かったです」

3着 マイネルバサラ 柴田大知騎手
「最後またジワジワ来ていますし、うまく運べましたが、上位2頭が強かったです。この馬も力をつけていますし、距離は大丈夫です」

4着 ウマノジョー 御神本訓史騎手
「折り合い自体は問題ありませんでした。展開がバラけ過ぎて、集中力を欠いた感じでした」

(取材:中野雷太)



ソース元:ラジオNIKKEI

バックナンバーへ

高額的中ランキング

  1. 1位プレミアム
    6月16日 東京9R 八丈島特別
    415万7950円的中
  2. 2位競馬報道.com
    6月16日 阪神2R 3歳未勝利
    371万6500円的中
  3. 3位一撃帝王
    6月16日 函館10R 駒ケ岳特別
    257万4400円的中

ランキングをチェック

WIN5

競馬chモバイル

QRコード
新聞、オッズカードはもういらない

http://keiba.cc/

過去のレース結果

2018年06月
前の月
次の月
1 2
  • 東
  • 阪
3
  • 東
  • 阪
4 5 6 7 8 9
  • 東
  • 阪
10
  • 東
  • 阪
11 12 13 14 15 16
  • 東
  • 阪
  • 函
17
  • 東
  • 阪
  • 函
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ページTOP