ニュース

【日本ダービー】栗東レポート~ダノンプレミアム(中内田調教師)



5月27日(日)に東京競馬場で行われる第85回日本ダービー(GI)に登録しているダノンプレミアム(牡3、栗東・中内田充正厩舎)について、追い切り後の中内田充正調教師のコメントは以下の通り。

(前走の弥生賞1着を振り返って)
「スタートはいつも通り良かったです。しかし、1コーナーの入りで少し力みが見えていましたので、その辺を少し心配しながら見ていました。4コーナーを回ってくる時は馬場の良い所を選んでもらって、終いまでしっかり走れていた感じです。
 向正面に入る時に馬が力んで行っていたところを見ていたので、その辺は課題でした。それでもジョッキーが馬に上手に教えてくれたかなと思います」

(前走後の調整について)
「挫跖がありまして皐月賞を回避しました。調教できない状態が2週間ぐらい続きました。その後はダービーを目指してずっと順調に追い切りを重ねました。良い状態でダービーまで持っていけるかなと思います。
 日々のケアであったり、調教の内容であったり、普段やっていることをこなすというところです。それに応えてここまで来てくれた馬も偉いと思います」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)少し強めの負荷をかけたかったので、しっかり時計が出ていましたしジョッキーも納得できる動きをしてくれたかなと思います。
 (最終追い切りは)Cウッドチップコースを一周半で、半マイルか5ハロンで時計になっていれば良いかなという感じでした。道中はリズム重視で引っ張りきらずにリズム良く運んでくれればというところでした。終いは馬がサッと気持ち良く動けるところでギアを一つずつ上げていくようなイメージです。
 順調に追い切りを終えられたかなというところです。」

(今回のレースに向けて)
「とりあえず当日を無事に迎えられるようにという気持ちだけです。
 結果的に間隔が開いたというところが正しい表現だと思います。休み明けでも上手に走れる馬ですので心配はしていません。間隔が開いたということよりも距離の方がやはり不安は残ります。
 (2400mは)前走の内容から考えると、もう少し力みは取れてほしい感じはあります。しかし、学習能力の高い馬ですので、こなせるのではないかなと思う半面、初めての距離、当日の雰囲気も含めて不安の面もあります。
 普段意識はしていますが、やはり実際の競馬につながるかどうかは、当日の競馬に行ってみないと分からないところです。
 左回りは上手に走ってくれるイメージはあります。
 もう全ての馬が相手だと思います。GIを勝っている馬もいますし、評判馬もいますので、18頭全部に勝つチャンスがあると思っています。
 位置取りというより、ダノンプレミアムのリズム重視で行ってほしいです。
 皐月賞は残念な思いをしているので、今回に向けて馬はしっかりとうちの調教に耐えてくれて、良い状態で出せると思っています。あとは当日まで無事に持っていければと思っています」

(取材:米田元気)


ソース元:ラジオNIKKEI

バックナンバーへ

高額的中ランキング

  1. 1位プレミアム
    6月16日 東京9R 八丈島特別
    415万7950円的中
  2. 2位競馬報道.com
    6月16日 阪神2R 3歳未勝利
    371万6500円的中
  3. 3位一撃帝王
    6月16日 函館10R 駒ケ岳特別
    257万4400円的中

ランキングをチェック

WIN5

競馬chモバイル

QRコード
新聞、オッズカードはもういらない

http://keiba.cc/

過去のレース結果

2018年06月
前の月
次の月
1 2
  • 東
  • 阪
3
  • 東
  • 阪
4 5 6 7 8 9
  • 東
  • 阪
10
  • 東
  • 阪
11 12 13 14 15 16
  • 東
  • 阪
  • 函
17
  • 東
  • 阪
  • 函
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ページTOP