ニュース

ロードカナロアが顕彰馬に選定される



 JRAは今日、平成30年度の顕彰馬にロードカナロアが選定されたと発表した。

 ロードカナロアは父キングカメハメハ、母レディブラッサムという血統。通算成績は19戦13勝(うち海外2戦2勝)、スプリンターズステークスと香港スプリントの連覇、高松宮記念、安田記念とGI競走は国内・海外合わせて6勝している。

 選定の対象は、平成9年4月1日から平成29年3月31日の間に競走馬登録を抹消した馬(現役馬および競走馬登録抹消1年未満の馬は選考対象外)。選出には記者190名の投票者数の4分の3以上(143票)が必要で、ロードカナロアは156票(得票率82.1パーセント)を獲得して選出された。なお、顕彰馬選定に伴う記念競走や各種イベント等については、後日改めて発表される。

<参考:得票数上位5頭> ※カッコ内は得票率
ロードカナロア    156(82.1%)
ブエナビスタ      95(50.0%)
スペシャルウィーク   89(46.8%)
モーリス        87(45.8%)
ゴールドシップ     44(23.2%)

★株式会社ロードホースクラブ代表・中村伊三美氏のコメント
「この度は、ロードカナロアが顕彰馬に選出され、大変嬉しく思っております。会員様、安田隆行調教師はじめ、本馬に携わっていただいた全ての関係者の皆様、応援していただいたファンの皆様と共に喜びを分かち合いたいと思います。

 ロードカナロアは、種牡馬としてもファーストシーズンリーディングサイアーを獲得し、産駒の活躍にも益々期待が高まっています。近い将来、今度は、ロードカナロアの産駒が栄誉ある顕彰馬に選ばれることを願っております。引き続き、産駒へのご声援を賜りますよう宜しくお願いいたします。この度はありがとうございました」

★現役時代に管理した安田隆行調教師のコメント
「この度は、ロードカナロアを顕彰馬に選出していただき、とても名誉なことで大変光栄に存じます。

 記憶に残るレースは色々有りますが、特に印象深いのは香港スプリントの連覇です。日本馬にとって凱旋門賞を勝つよりも難しいと言われていたレースで、表記された馬名「龍王」に恥じない圧倒的な強さを見せてくれました。

 調教師生活を通してオーナーからご信頼を頂き、厩舎スタッフが一つの目標に向かっていった結果、このような成績が残せたものと考えています。また、種牡馬になってからもGI勝ち馬を出していますし、これからも元気で活躍してくれることを願っています」

(JRA発表による)


ソース元:ラジオNIKKEI

バックナンバーへ

高額的中ランキング

  1. 1位プレミアム
    9月23日 中山4R 2歳新馬
    1485万4100円的中
  2. 2位エアホース
    9月23日 中山3R 3歳未勝利
    594万1640円的中
  3. 3位競馬報道.com
    9月23日 中山4R 2歳新馬
    284万1400円的中

ランキングをチェック

WIN5

競馬chモバイル

QRコード
新聞、オッズカードはもういらない

http://keiba.cc/

過去のレース結果

2018年09月
前の月
次の月
1
  • 新
  • 札
  • 小
2
  • 新
  • 札
  • 小
3 4 5 6 7 8
  • 中
  • 阪
9
  • 中
  • 阪
10 11 12 13 14 15
  • 中
  • 阪
16
  • 中
  • 阪
17
  • 中
  • 阪
18 19 20 21 22
  • 中
  • 阪
23
  • 中
  • 阪
24 25 26 27 28 29 30

ページTOP