ニュース

【中京記念】栗東レポート~カテドラル



7月21日(日)に中京競馬場で行われる第67回中京記念(GIII)に登録しているカテドラル(牡3、栗東・池添学厩舎)について、追い切り後の池添学調教師のコメントは以下の通り。

(前走のNHKマイルC3着を振り返って)
「前々走のアーリントンカップから距離を短縮して、脚質も今までは先行して競馬をしていたのですが、想定外の出遅れで後ろから切れる脚を使ってくれました。この距離で東京は直線が長いので、同じような競馬ができれば良いレースをしてくれるだろうと思っていました」

(前走後の調整について)
「一旦ノーザンファームしがらきでリフレッシュさせました。そんなレースのダメージもなくて、すぐに乗り出しが開始されていました。馬は元気一杯で、そうなったら夏場を休ませずに行こうかという話になって、ここまで順調に来られています」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)しっかり長目から負荷をかけたかったので、Cウッドチップコースで80~83秒の間ぐらいで、終いはしっかり伸ばすようにという指示でした。指示通りの追い切りができたと思います。
 回転の速い、全然馬場に脚を取られることのない、良い走りだったと思います。
 (明日の追い切りは)馬が先週しっかりやって、体もある程度仕上がっているので、明日は時計の指示は出さずに、前半の折り合いだけに気を付けて、良いところで馬がハミを取れば、そのまま馬の気分良く伸ばすようにという指示を出そうかと思っています」

(成長や変化を感じる点は?)
「あまり競馬を使い詰めていないので、馬はフレッシュですし、帰ってくる度に馬体も大きくなっています。デビューは早かったですが、ハーツクライ産駒らしくまだまだ成長しそうな雰囲気はあります」

(今回のレースに向けて)
「元々、血統的にも兄弟にダートを走っている馬もいますし、走りを見てもパワーはすごいと思います。今は力のいる中京でたぶん馬場も荒れてくると思うので、合うとは思います。
 中団で競馬ができるようになってから、別にマイルにそこまで拘らなくても、今後の距離の選択肢はいろいろあると思います。1800mぐらいまではこなせるとは思っています。現状では精神的にピリッとするところがあるので、その辺が大人になるまでマイルで良いかなと思っています。
 先週のレース傾向を見ると、内の前残りの競馬が多かったです。実際芝を見ても少し内側が止まらないなという状態だったので、そこが心配です。しかし、百戦錬磨のジョッキーなので、別に追い込みに拘らなくてもゲートを出たなりで競馬をしてくれれば良いかなと思います。
 (ハンデは)53か54キロぐらいだと思っていたので、ハンデ戦で古馬の強い馬は背負わされているので、有利には働くかなと思っています。
 ここまで順調に調整して来られたので、秋に良いレースをしてくれると思うので、皆さん競馬場に来て応援して下さい」

(取材:米田元気)


ソース元:ラジオNIKKEI

バックナンバーへ

高額的中ランキング

  1. 1位競馬報道.com
    12月7日 阪神3R 2歳未勝利
    260万9600円的中
  2. 2位GLORIA
    12月7日 阪神4R 2歳新馬
    228万8250円的中
  3. 3位競馬学会
    12月7日 中山8R 3歳上2勝クラス
    193万9500円的中

ランキングをチェック

WIN5

競馬chモバイル

QRコード
新聞、オッズカードはもういらない

http://keiba.cc/

過去のレース結果

2019年12月
前の月
次の月
1
  • 中
  • 阪
  • 名
2 3 4 5 6 7
  • 中
  • 阪
  • 名
8
  • 中
  • 阪
  • 名
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ページTOP