ニュース

【府中牝馬S】(東京)サラキアが最後は後続を突き放して重賞13度目の挑戦で初制覇



東京11Rの第68回アイルランド府中牝馬ステークス(3歳以上GII・牝馬・芝1800m)は7番人気サラキア(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒5(重)。3馬身差の2着に6番人気シャドウディーヴァ、さらに1馬身1/4差の3着に8番人気サムシングジャストが入った。

サラキアは栗東・池添学厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母サロミナ(母の父Lomitas)。通算成績は18戦4勝。

レース後のコメント
1着 サラキア(北村友一騎手)
「良い状態を維持していました。この馬場でも良い意味で行きっぷり、前進気勢があって良かったです。どちらかというと、折り合いに気を付けなければいけない馬ですが、脚をとられるぐらいの馬場でかえってリラックスできて良かったです。特に位置取りは気にせず、出たところでリズム良く競馬をしようと思っていました。馬場の良い所を終始通れたというのもありましたが、4コーナーからいつも一瞬良い脚は使いますが、長く良い脚を使えないタイプです。手応えが良くても坂を上がる時は心配でしたが、最後まで走り切ってくれました。特に変わったところはありません。距離自体は去年も2200mを走ってくれているので、その経験を生かしてほしいです。適性かどうかわかりませんが、頑張ってほしいです」

(池添学調教師)
「硬さが無くなって、5歳をむかえて精神的にどっしりとしてきました。何よりも北村友一騎手と手が合っているのだと思います。リズム重視で乗ってもらい、馬場の綺麗な外へと出して、後は何とか伸びてくれという気持ちでした。3歳の時からなかなかタイトルを取ることができなかったので、勝つことができて良かったです。(次走について)無理はさせませんが、調子がよかったら(エリザベス女王杯へ)向かおうと思います」

2着 シャドウディーヴァ(内田博幸騎手)
「馬がよく頑張ってくれました。この馬場でしっかりと走っています。有力馬を前に見ながら良い形で進められました。やはり東京コースは走りますね。勝った馬は強かったですが、この馬も大したものです」

3着 サムシングジャスト(松山弘平騎手)
「こういう馬場は得意で、最後しっかりと脚を使ってくれました。よく踏ん張ってくれました」

4着 トロワゼトワル(安田隆行調教師)
「よく頑張っていましたが、相手も強かったし、距離も1800mでしたから。時期的に寒くなると硬くなるところもある馬です」

5着 ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手)
「マイルよりは行きっぷりが良かったです。ただ、久々であったことに加えて、今日のような馬場、さらに他の馬からのプレッシャーもあり厳しかったです。一回使ってから良くなりそうです」

ソース元:ラジオNIKKEI

バックナンバーへ

高額的中ランキング

  1. 1位ハイブリッド
    10月18日 新潟11R 信越S
    283万6800円的中
  2. 2位高配当XXX
    10月18日 東京8R 3歳上1勝クラス
    281万7200円的中
  3. 3位ダービータイムズ
    10月18日 東京8R 3歳上1勝クラス
    281万7200円的中

ランキングをチェック

WIN5

競馬chモバイル

QRコード
新聞、オッズカードはもういらない

http://keiba.cc/

過去のレース結果

2020年10月
前の月
次の月
1 2 3
  • 中
  • 名
4
  • 中
  • 名
5 6 7 8 9 10
  • 東
  • 京
  • 新
11
  • 東
  • 京
  • 新
12 13 14 15 16 17
  • 東
  • 京
  • 新
18
  • 東
  • 京
  • 新
19 20 21 22 23 24
  • 東
  • 京
  • 新
25
  • 東
  • 京
  • 新
26 27 28 29 30 31

ページTOP